お引越先の最適プランにあわせて専門会社からご案内します。

インターネット引越手続き専門サイト 引越手続き.com

通話無料年中無休 9:00~19:00

表示価格は、すべて税抜です。

その他の引越手続き

引越しには様々な移転手続きや住所変更などの連絡がつきものです。やる事がたくさんあり、忘れてしまう事も多いので、ここでは引越し前後に行う手続きをまとめました。

電気の移転手続き
お引越先・引越し日が決まったら、引越しの1週間くらい前には検針票や領収書などに記載されているお客様番号をご用意のうえ、ご利用中の電力会社に電話してください。
お引越先の電力会社が変わる場合は利用中の電力会社の契約を廃止したうえで、新しい電力会社に連絡し契約をしてください。また、引越し後に電気の利用を開始したらお部屋に備え付けられている「電気ご使用申込書」や口座振替の用紙を投函してください。 引越先の「電気」の簡単お手続きはこちら
ガスの移転手続き
ガスの移転は利用中のガスの栓を閉める閉栓作業と、引越先で栓を開ける開栓作業が必要なので引越し先・引越し日が決まったら1週間くらい前にはガス会社に連絡し作業の予約を取ってください。(検針票等に記載されているお客様番号をご用意ください)
ガス湯沸かし器をご利用の場合は、お湯が使えないと掃除や入浴に支障が出るので、閉栓作業は引越し日(立会いできる時間)に指定し、開栓作業は入居日に指定することをおすすめします。 関東地方で都市ガスをご利用予定の方はこちら
水道の移転手続き
水道の止め方は引越し日に係員が訪問し栓を閉める場合と、蛇口をしっかり閉めておけばいい場合と水道局により違います。お引越し日が決まりましたら、1週間前くらいには検針票等に記載されているお客様水道番号をご用意のうえ、水道局へ連絡してください。
また、水道局の管轄が変わる場合は引越先の水道局へ連絡し、水道の利用開始日の連絡を行ってください。
引越後はお部屋に備えつけられている「水道の使用開始届」を郵送してください。
転出・転入・転居の手続き
同一の市区町村内で引越し役所の管轄が変わらない場合は「転居」届けとなり、引越し後、14日以内に役所にて手続きを行ってください。
異なる市区への引越し引越し先、引越し日が決まりましたら、引越し前の役所で「転出」届けを行い「転出証明書」を発行してもらいます。これは引越先の役所に引越し後14日以内に提出する必要があります。
小・中学校の転校の手続き
引越しが決まりましたら、早めに通っている学校・担任に連絡し「最終登校日」を伝え「在学証明書」「教科用図書給与証明書」を発行してもらいます。同一の市区町村内で引越し役所で転居の手続きを行う時に、「在学証明書」と「教科用図書給与証明書」を提示し、入学する学校の指定を受けます。役所からは「転入学通知書(就学通知書)」が発行されるので、3つの書類を入学する学校に提出してください。異なる市区への引越し引越し元にて「転出証明書」を受け取り、引越先で「転入届け」を行う際に、学校より発行された「在学証明書」と「教科用図書給与証明書」を一緒に提出し、「転入学通知書(就学通知書)」が発行されるので、3つの書類を指定された入学する学校に提出してください。
郵便の転送手続き
引越し日・入居日が決まったら最寄りの郵便局で郵便物の転送の手続きを行ってください。
郵便局にある「転居届」を記入すれば1年間郵便物の転送が出来ます。また、インターネットでも転送手続きは可能です。
マイナンバーの住所変更手続き
マイナンバーは引越先の市区町村役所の転入・転居の窓口にて「通知カード」もしくは「マイナンバーカード」を持参のうえ、住所の記載内容変更を行う必要があります。変更が発生した日から14日以内に手続きを行う必要があるため、転入・転居手続きと同時に手続きしましょう。
国民健康保険の手続き
同一の市区町村内で引越し引越し後に役所にて住所変更の手続き(被保険者住所変更届)を行ってください。準備が必要なものは家族全員の保険証と印鑑です。転居の手続きと同時に行うと便利です。異なる市区への引越し転出の手続きと一緒に役所の国保担当窓口にて備え付けられている「国民健康保険被保険者資格喪失届」を提出し、家族全員の保険証を返却する必要があります。
引越し後は、引越先の役所にて14日以内に「国民健康保険被保険者資格取得届」の手続きをしてください。
国民年金の手続き
同一の市区町村内で引越し引越し後に「転居届」を行った際に、自動で国民年金の住所変更も行われることが多く手続きはいりません。異なる市区への引越し引越先の役所にて住所変更の手続きが必要です。年金手帳及び印鑑を持参のうえ、国民年金担当窓口にて「被保険者住所変更届」を記入・捺印し提出してください。厚生年金の場合住所変更の手続きは勤務先の事業者(担当部署など)に変更を申し出てください。
自動車関係の住所変更
運転免許証の住所変更引越先の管轄の警察署、もしくは運転免許センターにて行います。運転免許証は本人確認の証明書として頻繁に使うので早めに手続きしましょう。車庫証明の住所変更車庫証明は車検証の変更登録の際に提出が必要で、手続きは引越先の地域を管轄している警察署にて行います。車検証の変更登録車庫証明書が交付されたら車検証の変更登録を管轄の運輸支局にて行います。変更登録をしないと自動車税の請求書が旧住所に届き、引越先に届かない可能性があります。引越しにともなって管轄の運輸支局が変わる場合は車番(ナンバー)も変更になるため、自動車の持ち込みが必要ですその他・月極駐車場の解約
・自動車保険の住所変更
その他の住所変更
・クレジットカード・生命保険等・新聞契約・NHK・交通機関の定期券・宅配サービス・ペットの登録・携帯電話 など

その他の引越し手続きの詳細はPCサイトをご参照ください。

インターネットの移転手続きご案内はこちらから