小・中学校の転校の連絡手続き

転校手続きは引越先の地域によって異なります

引越し元での転校手続き

引越しが決まりましたら、まずは担任の先生に転校の連絡をし、最終の登校日を伝えてください。
学校側にて「在学証明書」と「教科用図書給与証明書」を発行してもらえます。
(学校によっては事前に「転学通知書」を役所で取得する必要があるケースもあります)

引越先での転校手続き

同一市区町村内の引越しの場合

役所で転居の手続きを行う際に、「在学証明書」と「教科用図書給与証明書」を提示し、入学する学校の指定を受けます。役所からは「転入学通知書(就学通知書)」が発行されるので、3つの書類を入学する学校に提出してください。

異なった市区町村内の引越しの場合

引越し元にて「転出証明書」を受け取り、引越先の役所で「転入届け」を行う際に、学校より発行された「在学証明書」と「教科用図書給与証明書」を一緒に提出すると、「転入学通知書(就学通知書)」が発行されるので、3つの書類を指定された入学する学校に提出してください。

引越ししても学校が変わらない場合(転校不要)

担任の先生に引越しする旨を連絡し、住所変更の手続きを行ってください。

引越ししても学校を変えたくない場合(区域外就学)

区域外からの就学を希望する場合は、その学校の市区町村の教育委員会が定めている基準に照らし合わされ、認められた場合のみ就学が可能となります。
教育委員会によって基準が異なるため、区域外就学を希望する場合は教育委員会に相談してください。

転校手続きの注意事項

転校の手続きは、学校や学年によって方法が異なる場合があり、上記の書類の名称も異なる場合があります。手続きが遅れると学校へ通えない期間ができる事もあるのでご注意ください。 また、私立の学校への転校や、高等学校の転校手続きは編入試験がある等、手続きが変わってきますので、事前に担任の先生や転校先の学校へご相談ください。