ペットの移転手続き

犬の移転手続き

犬を飼っている方は市区町村で「蓄犬登録」をしていますが、引越しの際は住所変更の手続きが必要となります。
手続きは引越し後30日以内に引越先の市区町村役所にて行ってください。新しい犬鑑札が交付されます。

手続きに必要な書類等

生後91日以上の犬は、一生に1回の登録と年1回の狂犬病予防注射の接種が義務づけられています。市区町村によっては住所変更をすることで狂犬病予防の集団注射会の案内を発送しています。また、犬猫の不妊手術費用の補助金制度を設けている市区町村もあるので確認してみましょう。

引越し先で犬・猫が飼えない場合は・・・

どうしても引越先で犬や猫を飼う事ができなくなった場合は、飼い主の義務として新しい飼い主を探してあげてください。飼い主が見つからない場合や、新しい飼い主の探し方がわらない場合は早めに地域の動物愛護センターに相談しましょう。
犬や猫などの動物を捨てると法律で処罰されます。(100万円以下の罰金)

その他のペットの移転手続き

猫や観賞魚など犬以外のペットの場合は、指定されている特定動物や、特定外来生物など特殊なケースをのぞいては義務付けられている住所変更手続きはありません。