賃貸の退去の連絡手続き

賃貸の退去(契約解除)の連絡を忘れずに!

賃貸契約の解除はお早めに!

賃貸の住宅にお住まいの場合で引越しが決まったら、すぐにやっておかなければいけないのが、大家さんや管理会社への連絡です。
入居した時に取り交わした賃貸契約書に「○○日前までに」解約の申し入れが必要と書かれているはずなので、引越し予定日から逆算し、契約書にそった日程で賃貸契約の解除を行いましょう。
多くの場合、1ヶ月(30日)前が申告期限ですが、念のため早めに確認しておきましょう。

賃貸契約の解除のときの注意事項

賃貸契約解除の連絡の際は、鍵の返却方法や、荷物の搬出後の大家さん・管理会社担当者の立会い確認作業(荷物が残ってないかの確認や、備え付け家具等の破損がないか、経年劣化の状況等の確認)があるかどうかを確認しておきましょう。

また、最終家賃の日割り計算や、敷金の返却等も確認しておきましょう。
賃貸契約書の期限を過ぎてから、退去の連絡を行うと契約書にのっとった日数分の家賃を請求される事もあるので、引越しが決まったら早急に申し出ましょう。