国民健康保険の移転手続き

引越先によって手続き方法が異なります

国民健康保険は市区町村単位で運営されているため、移転・住所変更手続きは引越先によって異なります。

同一の市区町村内での移転・引越しの場合

引越し後に市区町村の役所にて住所変更の手続き(被保険者住所変更届)を行ってください。
準備が必要なものは家族全員の保険証印鑑です。転居の手続きと同時に行うとよいでしょう。

異なった市区町村内での移転・引越しの場合

引越しの前に旧住所の市区町村の役所にて脱退の手続きを行い、引越し先の市区町村の役所にて加入手続きを行う必要があります。詳細は以下となります。

異なった市区町村内での移転・引越しの場合

引越し前の市区町村役所の国民健康保険担当窓口にて「国民健康保険被保険者資格喪失届」という書類を記入・捺印し提出してください。その際に引越しをする家族全員の保険証を返却する必要がありますので、印鑑とともに用意をしてください。この手続きも転出届けの手続きと同時に行うと、何度も役所に足を運ぶ手間が省けます。

引越し後は、引越先の役所の国民健康保険担当窓口にて「国民健康保険被保険者資格取得届」の手続きをしてください。手続きには「喪失届」と印鑑、役所によっては本人確認書類(運転免許証やパスポート)が必要となります。
取得の手続きは引越し後14日以内と決められており、転入の手続き等と同時に行ってください。取得が遅れると手続きをすべきだった日までさかのぼって保険料を納付しなければならないのでご注意ください。
また、喪失届けを提出した時から、手続きが終わるまでは無保険となります。
無保険のときに病気や怪我で病院に行った場合は、一旦は全額自己負担となりますが、国民健康保険の加入後に領収書を提出し、請求する事で保険の負担分が支払われます。

全国健康保険協会(協会けんぽ)の健康保険の場合

お勤めの事業者にて加入している健康保険を利用している場合は、住所変更手続きが必要となりますので事業主(担当部署等)に申し出てください。事業主より担当の年金事務所へ手続きをしてもらえます。