印鑑登録・実印登録の移転手続き

印鑑登録の手続きが必要な場合

印鑑登録(実印登録)はマンションや土地などの不動産売買や自動車の売買など、高額の契約ごとの際に必要とされる「印鑑登録証明書」を発行する際に必要となります。
マンションや一戸建てを購入する場合は事前に印鑑登録の手続きをし、印鑑登録証明書を準備しましょう。
また、すでに印鑑登録されている場合は、引越しに伴い再手続きが必要になる場合があります。

同一の市区町村内での移転・引越しの場合

手続きは不要です。転居の手続きを行った際に自動的に印鑑登録の住所も変更されます。

異なった市区町村内での移転・引越しの場合

引越し先での再手続きが必要となります。
旧住所の印鑑登録は転出手続きをすると自動的に廃止となります。印鑑登録証(カード)は市区町村に返却するか、しっかりとハサミで切り破棄しましょう。

印鑑登録の手続き方法

印鑑登録は引越先の役所にて行いますので、以下の準備物をそろえましょう。
引越しの場合は転入の手続きと同時に行うと便利です。

準備物

官公署発行の顔写真付きの本人確認の証明書であれば即日で登録ができ、すぐに印鑑登録証明書を発行してもらえます。また、同じ市区町村で印鑑登録をしている人を保証人とし、その人の保証書(署名・実印押印)があれば即日発行できます。
顔写真付きの本人確認書類がない場合は健康保険証等でも手続きは可能ですが、即日発行はできません。その場合は後日、申請の住所(自宅)に届く「照会書」「回答書」に必要事項を記載の上、役所に持参する事で本人確認となり印鑑登録が可能です。

また、代理人にて手続きする場合も「照会書」「回答書」の提出が必要となり登録には数日かかりますので、可能であれば本人が運転免許証、パスポートを持参し、印鑑登録手続きを行った方がスムーズです。