引越手続きどっとコラム

敷金がぜんぜん戻ってこなかった!

きれいに使っていたのに敷金返還額が少ない

引越しが終わり一息ついたときに、不動産屋や管理会社から連絡がくる「敷金返還」ですが、
部屋をきれいに使って、掃除までしてきたのに返還額が少ない!ってこと経験ありませんか?もちろん、通常使用の範囲以上に汚してしまったり、備え付けの家具などを壊してしまったりした場合は、修繕費用として敷金から引かれてしまいますが、最近では数万円のハウスクリーニング程度で済むのが一般的です。(部屋の広さにもよりますが)
また、敷金返還の見積書に以下のような項目がある場合は見直してもらうよう交渉してみるのも手です。

逆に敷金返還額が少なくなる要因としては以下のような事があげられます。

敷金の返還はトラブルが多いことから、国土交通省より「原状回復にかかるガイドライン」
が出ておりますので、不当なクリーニング費用や修繕費用が差し引かれているようであれば参考にするとよいでしょう。

ページトップへ

契約書の条項をチェックしよう

敷金清算に関しては、賃貸契約の際に取り決めがあるので事前に確認しておきましょう。
一般的には退去時の約束として、ハウスクリーニングを行い敷金から費用が差し引かれる旨が書かれていると思われますが、契約書上あまりにも一方的で理不尽な内容であった場合は「敷金鑑定士・敷金診断士」という敷金トラブル解決の専門業者に相談してみるのもいいでしょう。

また、これから賃貸契約をするという方は、契約書の内容をしっかりチェックするほかに、入居する際は荷物を運び込む前に部屋の状態を写真に収め、キズや汚れ、破損箇所がないかを確認し、退去する時に自分が破損させてないことが証明できるようにするのも大切です。