引越手続きどっとコラム

引越業者を選ぶなら・・・
一括見積もりサイトでお得に引越できた!

image

お得に引越するなら、
見積もりの比較がおすすめです。

引越の業者の選定はお済みですか?
引越業者の決め方はいろいろあると思いますが、費用をできるだけかけずに引越をするには見積りを比較する事が必要です。複数の引越業者に家に来てもらい、それぞれに見積もりを出してもらいます。見積もりが出揃ったところで、A社は安い、B社は高いとなり、一番安い引越業者を選ぶことができるのです。しかし、一番重要なのは、ここから始まる値引き交渉です。引越業者同士をうまく競わせ好条件の見積もりを出してもらうにはどうしたらいいでしょうか?

一括見積もりサイトが便利

たくさんの見積もりを取って比較するのは、一番安いところを選べてお得なのですが、実際には何社も電話で見積もりを依頼し、住所や荷物の容量など何回も伝えるのはとても面倒な作業です。
そこでおすすめなのが、「一括見積もりサイト」の利用です。
インターネットから1回だけフォームに名前、連絡先、現住所や移転先住所、引越希望時期、荷物の容量などを打ち込んで送信するだけで、数社からの電話が来ます。

ここで、早い順から3~5社くらいを選び、訪問見積もりを依頼し、日程を決めて見積もりに来てもらうわけですが、一括見積もりサイトのいいところは、業者側も複数の会社から営業の電話が来ていることを承知しているので値下げ交渉もしやすく、話が早いところです。

各社の見積もりを見て、2,3番目に安い引越会社を選び、値引き交渉の開始です。
交渉は難しくありません。営業マンに電話し、

「A社は10万円なのですが、そちらではもっと安くなりませんか?」

これだけで金額を見直してくれます。

安くなって出てきた金額を今度はA社に連絡して・・・

というのが価格交渉の流れになります。
ただ、あまりやりすぎると、作業時間が夜になったり、ダンボールが付かなくなったり等の質の部分が落ちてしまうので注意が必要です。

引越は規模(単身か家族)や時期、曜日などの影響で価格が大きく変わりますが、事前に複数の見積もりを取る事で値引き交渉が簡単になり結果、安く引越しができるのは事実です。
訪問見積もりの立会いなどでひと手間かかりますが、これから引越し業者を選定するのなら3社くらいでも、見積もりを依頼してみて一番いい引越し業者を選定しましょう。 あと、最終決定したら、気まずいですが落選した業者にはきちんと「他社で決まった」と連絡しておきましょうね。

ページトップへ

見積もりを比較する時のコツ

最後に見積もりを比較する時のコツと注意事項です。

訪問見積もりは3~5社で十分。

見積もりはできるだけ訪問にし、荷物量を正確に把握してもらってください。そのため、あまり多くの会社に依頼すると、立ちあいの日程調整や値下げ交渉の連絡なども大変になります。

見積もりは各社同じ条件で。

荷物の容量や日程は全て統一しましょう。また、事前に捨てる家具と持っていく家具を決めて、見積もりの際に各社に同じように伝えないと見積もりの額が正確に比べられません。

訪問見積もりの時間は各社ずらして。

訪問見積もりを取る際は、時間をずらして業者同士が同じ時間にならないようにしましょう。訪問見積もりの時に同業者がいたら、それだけで雰囲気が悪くなり、料金が下がりにくくなります。

一度OKを出したら、キャンセルはしないで。

価格交渉の結果、OKを出した後は他社がいい条件を出しても断りましょう。
これは一般的なマナーです。
それなのでOKを出すのはしっかりと条件が出揃ってからで。

あまり値切ると、引越当日に大変な事に。

安いことはいいことですが、質まで悪くなると逆効果。
料金を叩きすぎて「積みきり」の契約をしてしまうと、引越当日に荷物が積み切れなかった場合に自分で残りの荷物の運送を手配することになり、余計な料金と手間が発生することもあります。
最安でなくても余裕を持って、きちんと引越しできる契約をしましょう。