引越手続きどっとコラム

引越先に郵便物が届かない!

ポストに名前を書くの忘れてませんか?

引越先に郵便物が届かなくて困ったことはありませんか?
その原因は新居のポストに名前がなく、お届け先の人が本当に住んでいるかどうか配達員が判断がつかない場合は郵便物は届きません。
引越しの際は、電気や水道、クレジットカードの住所変更などの手続きを行わなければなりません。中には重要な個人情報が記載された通知が届く事もあるので、新居のポストにはとりあえず名前を記載した紙などを差し込んでおくといいでしょう。

インターネットの引越しも同じく住所変更が必要で新居に新しい通信機器(モデムやブロードバンドルーターなど)が届いたり、プロバイダからの重要書類(お客様IDやアクセスキー)が届いたりします。
配達員が書類や機器を配達した時に、不在だった場合は新居のポストに名前の記載がないと配達員が持ち帰ってしまい、再配達を依頼することとなります。
そうなると手間も増えるばかりかインターネットの利用開始が遅れてしまうという事もあります。

また、忘れてしまいがちなのは、同居の場合などです。
世帯主と姓が異なる場合は、住所を登録する際に宛先のところにあらかじめ○○様方という記載をしておかないと、郵便物や荷物が届いても「住所不明」や「転居」という扱いになり、郵便物が届かなくなるのでご注意ください。